ひょんな事から英国の投資を始めた。

危なくない?と聞かれるが、ぶじ配当をもらってる♪

 

 ・日本人の仲介役が英語書類のマニュアルを作ってくれる

 ・個別質問は直接やりとりだが、エキサイト翻訳を使えば英語メールも書ける!

 


翻訳画面
 

 

便利な世の中だ〜〜♪

 

ある日、契約内容が変わった。

新しい契約書が届き、マニュアルに沿って記入を進める。

 

立会保証人(Witness)の項目でペンが止まった。

 立会保証人とは・・・
  印鑑がない英国では自筆のサインが自分である証明になる。

  本人自身がサインしたかを保証するのが、
  いわゆる立会保証人(Witness)だ。

  立会保証人の前で、署名するのが作法だ。

 

友人にこの「立会保証人」なってほしいと頼んだところ

そっこ〜断られた>_<

『親から保証人にだけは絶対なるな!!!』と言われたとか。

いや、借金の連帯保証人とは違う…と言ってみたがダメだった(泣)

 

う〜〜〜〜ん
「保証人」のイメージが悪すぎるな〜

 

しゃあない!
次行こう!!

私も連対保証人は断るので、お金で解決しようと思った。

見つけたのは公証人

 公証人とは契約等の法律行為の適法性等について、
 公権力を根拠に証明・認証する者のこと。

 外国向け文書の認証も含まれるそうだ \(^o^)/

 

さっそく電話をかける。

 ・私的契約の認証もできる
 ・料金は¥11,000~¥17,000
 ・予約はできないが、朝が空いてる

公証役場を訪ねたら、イケメン助手君が対応してくれた。

 * イメージです

 

書類の内容を説明する。

書類に書かれた金額に応じて料金が決まるそうだ。
私の場合は¥11,500。

安い♪と喜んだのもつかの間。。。

「¥11,500×4通で¥46,000です」とイケメン助手君が言う。

 

えっ!!!
全部で¥11,500じゃないの?

1通¥11,500ってこと?

契約書は2種類あり、相手と私の2部づつだから合計4通。
だから¥46,000!

 

え〜〜〜〜〜っ!
ほぼ5万円じゃん!!
先に言ってよ〜〜〜〜〜!!!

 

引くに引けない私(泣)

¥46,000円をイケメン助手君に支払いました。

 

日本政府が保証するという、むだに輝かしい認証書類をもらいました。


あまりのショックに写真を忘れた。。。

 

気をつけましょう!

公証人が外国書類の認証してくれますが、1通単位の料金です!

 

次は無償の立会保証人を見つけるぞ〜〜!
心に誓いました(-_-;

 

♪—♪じゃんじゃん♪—♪