好きなことを追いかけ、流れるまま陶芸家になった久佳さんです。

●伊藤久佳さん、50代、子供2人、陶芸家(夫)の手伝い⇒陶芸家として独立
  好きな言葉; 媚びない。群れない。属さない。 そして、やめない。あきらめない。

——–目 次—————————-
【初回】1. 旅とメキシコ
【初回】2. 守るものができた
【第2回】3. 陶芸家の妻
【第2回】4. 夫が倒れた!
【第3回】5. 新しい生活
6. 創るということ
7. プラスマイナス0
8. 子供へのメッセージ
9. 久佳さんの強み
—–

6. 創るということ

再構築で向かったのは、やはり陶芸だった。

  他の仕事を考えたか聞いてみた。
  「陶芸が当たり前の生活。他を考える余地はなかった。」とハンサムな答えが返ってきた。
  ぶれない人だ。

 

引っ越し先の近くに、工房も見つかった。
偶然にも、尊敬する陶芸家が生前仕事をした工房だった。
%e5%b7%a5%e6%88%bf%ef%bc%92
 私の屋根運は健在だ~^  ^
 即決だ。

気がついたら、『陶芸家の妻』から『陶芸家』になっていた。

%e5%b7%a5%e6%88%bf

公募展(アートコンペ)に出品し、最優秀賞を受賞(^0^)/
陶芸を続けるモティベーションになった。

staytogether

古湯温泉ONCRI 第1回「床の間アートコンペ」最優秀賞
伊藤 久佳さん 「STAY TOGETHER ―ゆったりとした時間―」

 

個展を続けている。
%e5%80%8b%e5%b1%95%ef%bc%94

 正直ムリ!と思う時もある。
 だけど、友人が会いに来て応援してくれる(*^^*)
 さらに見知らぬ人が買ってくれ、「大事にします」と言われる嬉しさ\(^o^)/

 

%e5%80%8b%e5%b1%95%ef%bc%93

やめる決断も、やめない決断もしたことがないが、今日も土をこねるだろう。

 

7. プラスマイナス0

ふと考える。
人生はプラスマイナス0だな
うんと幸せなこともあったし、運が悪い時もあった。

ふり幅は人より大きいけど、
トータルすると±0だと久佳さんは微笑んだ(^_^)

 

  形は無くなっても、記憶や想いはゼロにならない。
  経験で会得した大人力、自信、知恵は久佳さんを豊かにしてます。

 

8. 子供へのメッセージ

20代の息子と娘に

フットワークは軽く。歩けば何かに出会う。

 たくさんの人、こと、ものさし、考え方、道具、モノ、価値観、常識、言葉、風、天候、色…に出会い、
 自分の引き出しを増やしつつ
 異(い)なるものも認める大きな器を持てたらいいな。

%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%99%e3%81%90%e3%81%aa%e9%81%93
 「工房への道」

9.久佳さんの強み

・芸術家

 言葉一つにもこだわりがある、繊細な芸術家だ。
 たくさんのアドバイスをありがとうございました<(_)>

・たいへん強い!!

 河合薫さん@健康社会学者が「人生なんて想定外の連続。その想定外を乗り越える『覚悟』さえ持てば、あとは動き始める。その動き出した人生を、誠実に踏ん張って生きるしかない」と語ってる。

 久佳さんは覚悟を持った人だ。

 「流れるまま~」というより、人生に覚悟をもって踏ん張り続けてる人だ。
 たいへん強い!!

 

・作品に味がある

 温かい味わいがある。
 なにを入れても様になる、使い勝手のいい器♪
 久佳さんに似てる(笑)

 

%e4%bd%9c%e5%93%81

 

 

これからも力強く、流れつづけてください!
次の個展を楽しみにしてます♪