好きなことを追いかけ、流れるまま陶芸家になった久佳さんです。

●伊藤久佳さん、50代、子供2人、陶芸家(夫)の手伝い⇒陶芸家として独立
  好きな言葉; 媚びない。群れない。属さない。 そして、やめない。あきらめない。

——–目 次—————————-
【初回】1. 旅とメキシコ
【初回】2. 守るものができた
【第2回】3. 陶芸家の妻
【第2回】4. 夫が倒れた!
【第3回】5. 新しい生活
  ※ 以下、次回に続きます
6. 創るということ
7. プラスマイナス0
8. 子供へのメッセージ
9. 久佳さんの強み
—–

5. 新しい生活

 

夫はリハビリセンターに転院し、『高次脳機能障害』と診断された。
脳が機能しない障害だ。

 ・今朝何を食べたか、覚えられない(短期記憶障害)
 ・明日検査だから準備する、など段取りが欠如(遂行機能障害)

治ったら、また個展をやって………が遠ざかってく

0-56

入所時に言われた言葉がよみがえる。
「障害は治りません。リハビリセンターは障害を抱えて生きていくため、家族や本人に慣れてもらうための場所です」

 

 理解しようと書物を読み漁る。
 障害受容の心理学者の本にあった『希望を放棄することから関係を再構築する』という言葉がピンと来た。

oka3-2

 気に入った!

 よし、陶芸家の妻を諦めよう!と決意した。

 

障害を抱えた夫との生活が始まる。
病院でできた仲間と家族会も立ち上げた。

 

oka3-1

 ●外から見たら普通の人だが、仕事はできない
 ●体の障害と違い、脳の障害はわかりにくく生活支援もまだ確立されていない
家族会で悩みや課題を分かち合った。
 

最も難しいのは、本人に障害を持ってるという自覚がない事だ。
わからない事がわからない、忘れる事を忘れる。
如何ともしがたい。
 

男のプライドもある。
今まで優位に立ってきた妻から指示されると腹が立つらしい。
「なぜお前に言われなあかんねん!」

0-160-43

一つ一つは記憶できなくても、漠然と怒りが蓄積される。

とうとう、溢れ出た。

ある日、久佳さんの不在中にクロゼットの服をごっそり持ち出し、庭で火をつけた。

0-25

 ●事件をたまたま目にして、娘や孫に危険を感じた久佳さんの実母

 ●特別扱いをしないことで、元に戻る奇跡を信じたい義両親

 ●諦めることで再構築したい久佳さん

三つ巴の話し合いが始まった。

 

激流がぶつかる。
溢れ出た水は新しい流れを作り、久佳さん達は身を任せた。

%e6%b3%a2%ef%bc%92

家族再構築は、まさかの夫抜きの展開となった。